header要素[HTML5]

<header>…… ヘッダであることを示す

<header>タグは、イントロダクションやナビゲーショングループであることを示す際に使用します。文書のヘッダ情報を表す<head>タグとは異なりますので注意してください。<header>の中には、通常は<h1>〜<h6>や<hgroup>など、セクションの見出しが含まれることが想定されていますが、必ず必要というわけではありません。他にも、セクションの目次や検索フォーム、あるいは、関連ロゴをまとめるために<header>タグを使用することができます。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

header要素は、HTML5から新たに追加された要素です。

■HTML5での使用例

<body>
<header>
<h1>ホームページ作成ならアドワークス</h1>
<nav>
<ul>
<li><a href="flow.html">お仕事の流れ</a></li>
<li><a href="design.html">デザインサービス</a></li>
<li><a href="web.html">webサービス</a></li>
<li><a href="print.html">印刷サービス</a></li>
</ul>
</nav>
<h2>お知らせ</h2>
<p>アドワークスからのお得なキャンペーン情報をはじめ、クライアント様のサイト更新履歴等をお知らせします。</p>
</header>
<p>ここにテキストが入ります。</p>
</body>

参考:http://www.htmq.com/html5/header.shtml

カテゴリー: HTML5, HTMLの基礎知識, ナレッジノート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。