nav要素[HTML5]

<nav>…… ナビゲーションであることを示す

<nav>は、ナビゲーションであることを示す際に使用します。ナビゲーションとは、ウェブサイト内の他のページへのリンクや、ページ内リンクなどのことです。他のページにリンクした箇所のすべてを<nav>~</nav>で囲む必要はなく、主要なナビゲーションとなるセクションのみを示すのに適しています。

よく、ウェブページの下部に、利用規約ページ、著作権ページ、トップページへ戻る、などのリンクが配置されることがありますが、このような場合には<nav>を使用せず、<footer>のみで十分です。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

nav要素は、HTML5から新たに追加された要素です。

■HTML5での使用例

<body>
<header>
<h1>ホームページ作成ならアドワークス</h1>
<p>
<a href="news.html">お知らせ</a>
<a href="blog.html">ブログ</a>
</p>

<nav>
<h1>メニュー</h1>
<ul>
<li><a href="index.html">トップページ</a></li>
<li><a href="service.html">サービス一覧</a></li>
<li><a href="shop.html">店舗紹介</a></li>
</ul>
</nav>

</header>
</body>
カテゴリー: HTML5, HTMLの基礎知識, ナレッジノート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。