プロパティ値の継承について[CSS]

継承されるプロパティとそうでないプロパティがあります。

継承されないプロパティは、値にinheritを指定して強制的に継承することもできます。

CSSでは、プロパティによっては、スタイルの値が子要素などの下の階層に継承されます。
たとえば、フォント関連のプロパティ、font-familyやfont-sizeなどは、親要素で指定されたスタイルは、その下層にあるすべての子要素に継承されていくので、ページ全体のフォントのスタイルを統一したい場合は、body要素にフォントのスタイルを指定するだけでよいこととなります。

それに対して、要素の幅や高さ、マージンなどのプロパティは継承されないので、特に指定がなければ、それぞれの要素ごとに決められた初期設定値が適用されます。初期設定では継承されない親要素のスタイルを、強制的に継承するには、継承したいプロパティの値にinheritを指定します。たとえば、paddingの値を親要素から継承したい場合には、

padding: inherit;

と指定します。

Internet Explorer 5.5の場合の注意点

Internet Explorer 5.5では、テーブルの要素にfont-family以外のフォントの値が継承されないので、td要素やth要素にもフォントのスタイルを指定する必要があります。

カテゴリー: CSS, HTMLの基礎知識, ナレッジノート   パーマリンク

プロパティ値の継承について[CSS] への1件のコメント

  1. Bailey より:

    Lastly, an issue that I am passionate about. I have looked for information of this caliber for your very last several hours. Your site is greatly appreciated.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。