XHTMLやHTML5で使えなくなる属性は?

装飾のための要素やフレームの要素などが使えなくなります。

CSSに対応したブラウザが普及する前は、HTMLはWebページの構造を示すだけでなく、Webページを装飾する役割も担っていました。しかし、Web標準に準拠したページ(XHTMLやHTML5)では、Webページの構造を記述するだけで、見栄えの制御はCSSが行います。

そのため、XHTML1.0 StrictやHTML5では、文字を装飾する要素である(s、strike、u、font、basefont)が使えなくなります。また、フレーム表示に関する要素である(frameset、frame、noframes)などが使えなくなります。

ただし、iframe要素だけはHTML5において利用できます。

そのほかにも、リストとしてほとんど利用されなかったリスト要素(dir)や、Javaアプレットを埋め込むための要素である(applet)、子要素を中央揃えにする要素(center)、検索用の入力フィールドの要素(isindex)も使用できなくなります。

カテゴリー: HTML5, HTMLの基礎知識, ナレッジノート, 要素   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。