input type=”hidden” 使い方

<input type="hidden">…… 非表示データを送信する

<input>タグのtype属性でtype="hidden"を指定すると、ブラウザ上に表示されない非表示データを送信することができます。隠しデータとも呼ばれますが、完全に隠しきれているわけではなく、HTMLソースを表示すれば見ることができるので注意してください。

name属性は非表示データに名前を付ける属性ですが、<form>でデータが送信される際、name属性で指定した名前とvalue属性で指定した値が一組になって送信されます。

■type=”hidden”の場合に指定可能な属性

type=”hidden”
非表示データを送信する
name属性
フォーム部品に名前をつける
value属性
送信される値を指定する

■HTML5での使用例

<form action="cgi-bin/abc.cgi" method="post">
<p>
名前:かえる<br>
評価:良い<br>
理由:面白い
</p>
<p>
<input type="hidden" name="userid" value="12345">
<input type="hidden" name="hyouka" value="good">
<input type="hidden" name="riyu" value="1">
<input type="submit" value="上記内容で送信する">
</p>
</form>

参考:http://www.htmq.com/html5/input_type_hidden.shtml

カテゴリー: HTML5, HTMLの基礎知識, ナレッジノート   パーマリンク