audio要素[HTML5]

<audio>…… 音声を再生する

<audio>タグは、音声を再生する際に使用します。再生する音声ファイルは、src属性で指定します。

<audio>~</audio>の中には、 <audio>タグがサポートされていない環境で表示させるメッセージを記述することができます。動画の再生については、<video>タグのページを参照してください。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

audio要素は、HTML5から新たに追加された要素です。

■使用できる属性

src属性
音声ファイルを指定する
preload属性
音声をあらかじめ読み込む(auto、metadata、none)
autoplay属性
音声を自動再生する
loop属性
ループ再生を指定する
controls属性
インターフェースを表示する

以下のサンプルでは、FirefoxとGoogle Chromeで音声を再生できます。

■HTML5での使用例

<body>
<audio src="sample/sample.ogg" controls>
<p>音声を再生するには、audioタグをサポートしたブラウザが必要です。</p>
</audio> 
</body>

参考:http://www.htmq.com/html5/audio.shtml

カテゴリー: HTML5, HTMLの基礎知識, ナレッジノート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。