param要素[HTML5]

<param>…… プラグインのパラメータを指定する

<param>タグは、<object>タグでプラグインデータを埋め込んだ際に呼び出されるプラグインのパラメータを指定する際に使用します。<param>タグは、<object>~</object>の中に子要素として配置します。<param>だけで使用しても、何も意味を持ちません。name属性でパラメータの名前を、value属性でその値を指定します。name属性とvalue属性は、どちらも必須属性です。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

param要素には、HTML4.01ではtype属性・valuetype属性が用意されていました。HTML5ではこれらの属性は廃止されています。

■使用できる属性

name属性
パラメータの名前を指定
value属性
パラメータの値を指定

■使用例

<object width="400" height="300">
<param name="movie" value="./sample/kaeru02.swf">
<param name="quality" value="high">
<param name="bgcolor" value="#ffffff">
<!-- object要素がサポートされていない環境向けにembed要素でも指定 -->
<embed src="./sample/kaeru02.swf" width="400" height="300" type="application/x-shockwave-flash">
</object>

参考:http://www.htmq.com/html5/param.shtml

カテゴリー: HTML5, HTMLの基礎知識, ナレッジノート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。