s要素[HTML5]

<s>…… すでに正確ではなくなった内容を表す

<s>タグは、すでに正確ではなくなった、すでに関係なくなった内容を表す際に使用します。<s>は、文書の編集を表す際に使用するのは適切ではないとされています。削除されたテキスト箇所を表す場合には、<s>ではなく、<del>を使用してください。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

s要素は、HTML4.01では「テキストに打ち消し線を引く要素」として定義されていました。HTML5では「すでに正確ではなくなった・関係なくなった内容を表す要素」とされ、単なるスタイリング要素から意味のある要素に変更されています。

以下の使用例は、商品に新しい特別価格が付けられたという内容です。通常価格の部分を<s>~</s>で囲んでいますが、このマークアップは“通常価格がすでに関係無くなっている”という意味を表しています。

■HTML5での使用例

<p>缶コーヒーがお買い得!</p>
<p><s>通常価格: 1本100円</s></p>
<p><strong>特別価格:1本59円!!</strong></p>

参考:http://www.htmq.com/html5/s.shtml

カテゴリー: HTML5, HTMLの基礎知識, ナレッジノート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。