small要素[HTML5]

<small>…… 免責・警告・著作権などの注釈や細目を表す

<small>タグは、免責・警告・法的規制・著作権・ライセンス要件などの注釈や細目を表す際に使用します。その箇所が重要であるという意味や強調する役割、反対に重要性を弱める意味などはありません。

<small>はメインコンテンツではなく、あくまで注釈や細目などの短いテキストに使用する要素です。<small>を複数の段落、複数のリスト、複数のセクションなどの長いテキストに対して使用するべきではありません。例えば、利用規約がメインコンテンツとなるページで、全体を <small> ~ </small> で囲むような使い方は適切ではありません。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

small要素は、HTML4.01ではテキストを小さく表示する要素でした。HTML5では注釈や細目を表す要素となり、これまでとは意味が変更されています。

■HTML5での使用例

<footer>
<address>
さらに詳しい情報は、<a href="mailto:info@adworks24.co.jp">info@adworks24.co.jp</a>
までメールでお問い合わせください。
</address>
<p><small>&copy; 2011 Adworks Corp.</small></p>
</footer>

参考:http://www.htmq.com/html5/small.shtml

カテゴリー: HTML5, HTMLの基礎知識, ナレッジノート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。