strong要素[HTML5]

<strong>…… 強い重要性を表す

<strong>タグは、強い重要性を表す際に使用します。<strong>でテキストの一部の重要性を変更しても、文自体の意味は変更されません。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

strong要素はHTML4.01の定義とほぼ同じですが、HTML5では<strong> ~ </strong> の中の一部を、さらに <strong> ~ </strong> で囲むことで、重要性の強さの程度を指定し分けることができるようになっています。

HTML5での使用例

<p>
<strong>警告:</strong>
この迷宮は危険です。
<strong>カモをよけてください。</strong>ゴールドを見つけたら取ってください。
<strong><strong>ダイアモンドを取ってはいけません。</strong>それらは爆発して<strong>
10メートル以内のものをすべて破壊します。</strong></strong>警告は以上です。
</p>

参考:http://www.htmq.com/html5/strong.shtml

カテゴリー: HTML5, HTMLの基礎知識, ナレッジノート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。