em要素[HTML5]

<em>…… 強勢する(アクセントを付ける)箇所を表す

<em>タグは、強勢する(アクセントを付ける)箇所を表す際に使用します。<em> ~ </em>を入れ子にすることで、コンテンツの特定個所が持つ強勢の度合いを指定し分けることができます。

同じ文でもどの個所をどの程度の強さで強勢するかによって、ニュアンスが異なってくるでしょう。例えば、「猫はかわいい」という文を、「<em>猫</em>はかわいい」とすれば、(犬などの他の動物じゃなくて…)というニュアンスが出せるかもしれません。また、「猫は<em>かわいい</em> 」とすれば、(猫はかわいくないという意見への反論)というニュアンスが出せるかもしれません。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

em要素は、HTML4.01では強意(意味を強める)を表す要素でした。HTML5では強勢する(アクセントを付ける)箇所を表す要素となり、これまでとは意味が変更されています。

尚、段落内の一部を際立たせるためにテキストをイタリック体にする場合には、<em>より<i>のほうが適切です。また、<em>には重要性を伝える意味はありません。強意・強調が目的の場合には<strong>を使用してください。

参考:http://www.htmq.com/html5/em.shtml

カテゴリー: HTML5, HTMLの基礎知識, ナレッジノート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。