li要素[HTML5]

<li>…… リストの項目を記述する

<li>タグはlist itemの略で、リストの項目を記述する際に使用します。li要素は、ol要素・ul要素・menu要素のいずれかの子要素として使用した場合には、その親要素のリスト項目となってお互いに関連しますが、それ以外に配置された場合には他のli要素とは無関係となります。

li要素のvalue属性は親要素がol要素の場合にのみ有効となる属性ですが、value属性を使用すると、リスト項目の順序を整数で指定することができます。value属性には初期値はありません。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

<li>要素は、HTML4.01からHTML5へのバージョンアップで大きな変更はありません。

■使用できる属性

value属性
リスト項目の順序を整数で指定(親要素がol要素の場合にのみ有効となる属性、初期値なし)
カテゴリー: HTML5, HTMLの基礎知識, ナレッジノート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。