pre要素[HTML5]

<pre>…… 半角スペースや改行をそのまま表示する

<pre>タグは、半角スペースや改行をそのまま表示する際に使用します。<pre>とはpreformatted textの略で、日本語では「フォーマット(整形)済みのテキスト」という意味になります。つまり、見やすいように半角スペースや改行などで形が整えられたテキストのことです。

<pre>~</pre>で囲まれた範囲のソースは半角スペース・改行などがそのまま表示されるため、<pre>タグは、HTMLソースやプログラムのソースコードをそのまま表示したり、アスキーアートを表示する場合などに使用されます。

ただし、<pre>~</pre>の中でもタグは解釈されるため、HTMLソースをそのまま表示したい場合には、< と > を、&lt; と &gt; に置き換える必要があります。また、HTML構文の中では、<pre>の開始タグの直後の改行は取り除かれるので注意してください。

プログラムのソースコードを表す場合には、<pre>と<code>を組み合わせて使用するのが一般的です。また、プログラムによる出力結果を表す部分は<samp>、ユーザーによる入力テキストを表す部分は<kbd>と組み合わせて表します。

カテゴリー: HTML5, HTMLの基礎知識, ナレッジノート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。